K9 Proのファームウェアアップグレード方法

はじめに

記載内容に従わない手順や操作を行った場合、K9 Proが使用不能になる可能性があります。必ず本稿の内容を熟読の上、作業をお願い致します。

ご注意

こちらのK9 Pro LTDのファームウェアをK9 Pro ESSにインストールしないでください。K9 Pro ESSが動作しなくなります。

現在、アップグレード作業用のプログラムはWindows用のみがメーカーから提供されているため、Windows環境でのみ作業が可能です。

アップグレード作業手順

1.アップデート作業用のファイルが1つにまとまったZIPファイルをダウンロードします。

2.K9 ProのType-C端子あるいはType-B端子から作業用のコンピューターに接続します。※USBオーディオドライバーをインストールしていない場合は事前にインストールを行って下さい。

3.K9 ProのINPUTを「USB」に切り替えます。

4.ダウンロードしたZIPファイルを解凍したうちに存在する「FiiODfu.exe」をダブルクリックすると、次のウィンドウが表示されます。

※「Current Firmware」という箇所に表示される内容が現在のファームウェアバージョンを表しています。
※ 実際のバージョン番号は時期により画像と異なる場合があります。

5.「Browse」をクリックし、「k9_xmos_dfu_XXXXX.bin」というような名前のファイルを開きます。

※”XXXXX”に入る文字列は、その時々のバージョンで表示内容が変わります。適宜読み替えて下さい。

6.「Start」というボタンが押せるようになりますので、押します。

7.下部のプログレスバーが右に向けて進んでいきます。右端まで進んだ後、「Current Firmware」がアップグレード先のバージョン表示になったことと、下部ウィンドウ中に「Firmare upgrade finished successfully.」という表示がされていることを確認して下さい。表示されていれば「Exit」を押して、ウインドウを閉じて下さい。

これらの表示が出るまでパソコンを触らないようにして下さい!何らかの原因で作業が中断するとK9 Proが動作しなくなる可能性があります!

また、この後の手順でK9 Proの本体側のLEDステータスで表される進捗状況の確認が必要になるため、予めご留意ください。

8.続けて作業が必要ですが、ここから先は最重要手順になるので必ず指示を遵守下さい。

これまでのアップグレード作業完了後、K9 Proに対して一切操作をせず、しばらくお待ちください。フロントパネルの「USB/OPT/COAX/LINE/BT」が全て同時に点灯します。これらが消灯して、左端の1つだけが点灯するまで、K9 Proを触らずお待ちください。

※全点灯しているとき、ファームウェアの書き換え作業が行われています。書き換え中に電源を喪失したりするとK9 Proが動作しなくなりますのでご注意下さい!

9.インジケータが左端に1つだけ点灯している状態になったら、ファームウェアの書き換えが完了したことを意味します。その状態になったらフロントパネルから電源をオフにし、その後に背面インレット側にある主電源スイッチをオフにします。

10.主電源スイッチをオンにし、移行はこれまで通りご利用ください。

補足:手順8でいつまで経ってもフロントパネルが5つ点灯しないときの対処法

1.K9 Proとパソコンを接続していたUSBケーブルを取り外します。

2.フロントパネルの電源ボタンを長押ししてK9 Proの電源をオフにします。

3.続けてK9 Pro背面の電源インレット側にある主電源スイッチをオフにします。

4.10秒ほど待ってから、主電源スイッチをオンにします。このとき、フロントパネルの「USB/OPT/COAX/LINE/BT」が全て同時に点灯します。 ※点灯しない場合はフロントパネルからも電源をオンにして点灯するかを確認して下さい。

これらが消灯して、左端の1つだけが点灯する状態になるまで、K9 Proを触らずお待ちください。 ※全点灯しているとき、ファームウェアの書き換え作業が行われています。書き換え中に電源を喪失したりするとK9 Proが動作しなくなりますのでご注意下さい!

5.全点灯していたLEDが1つのみ点灯する状態になると、作業が完了したことを示しています。以上で作業は終了になります。以後はこれまで通りご使用ください。