長期に渡る飽くなき音質追及の成果がここに。ついにヴェールを脱ぐ、FiiO渾身のフラッグシップDAC内蔵ヘッドホンアンプ

AKM AK4499搭載 | PCM384kHz/32bit,DSD256 | THX-AAA 788+アンプ搭載 | デュアル・フェムトクロック | Qualcomm QCC5124 | LDAC/aptX adaptive/aptX HD対応 | 完全バランス設計 | 低ノイズ電源回路

優れた設計は、良い音の基本です。長期にわたり開発が続けられていたFiiO渾身のフラッグシップ・ヘッドホンアンプがついに登場します。

K9 ProのDAC部は、希少となったAKM「AK4499EQ」を搭載し、最大384kHz PCM/DSD256データの再生に対応しています。最新世代のXMOSチップを搭載したK9 Proは、USBとBluetoothのデコーディングに、44.1kHz系、48kHz系専用のフェムトクロックが使用されるデュアルモードクロックマネジメント技術をサポートしています。
また、K9 Proのヘッドホンアンプ部に採用されている「THX AAA 788+」回路は、負荷インピーダンスの高低に関わらず理想的なディテールとダイナミクスを実現すべく、FiiOとTHXが共同開発した新たなヘッドホンアンプ回路です

K9 Proは前段完全バランス設計となっており、全プロセスで差動信号を通過させることにより、異なるコンポーネント間の干渉を最小限に抑え、音楽のすべてのディテールと大きなダイナミクスを理想的に再現することができます。
加えて、K9ProのPCBは分割レイアウトを採用しており、処理されるオーディオ信号が影響を受けないよう細心の注意が払われています。また、電源部には自動電圧変更機能を搭載したリニアパワーサプライを採用し、クリーンで強力な電源を供給することで高品位再生を実現しています。

完全限定生産品のため日本市場向けの割当台数に限りがございます関係で、数量限定モデルとして販売いたします

主な特長

  • AKM製DACチップAK4499を搭載し、PCM384kHz/32bit,DSD256の再生に対応
  • 最新世代XMOSチップ「XUF208」と2系統の超高精度水晶発振器でジッターを極限まで抑制するデュアル・フェムトクロック構成
  • THXの特許技術を採用し、FiiOとTHXとが新たに共同開発した「THX-AAA 788+」ヘッドホンアンプ回路を2基搭載
  • DAC部からアンプ部に至るまで、完全バランス設計を実現
  • Qualcomm製SoC「QCC5124」搭載で、LDAC、aptX HD、aptX Adaptiveなど、ハイレゾ級ワイヤレスBluetoothオーディオコーデックに対応
  • 高感度イヤホンから低能率ヘッドホンまで最適な音量調整を可能にする、3段階のゲイン切り替え機能
  • XLR 4ピン/4.4mm両対応のバランスヘッドホン出力のほか、DAC/プリアンプとしても利用可能な豊富な入出力端子
  • 最新の音楽フォーマット「MQA」のRenderer機能を搭載

Coming soon