FiiO製デジタルオーディオプレーヤー「M9」ファームウェアアップデートのご案内

平素より弊社取り扱い製品をご愛用くださり誠にありがとうございます。この度, FiiO Electronics製デジタルオーディオプレーヤー「M9」につきまして,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたします。

ファームウェアのアップデートにあたってのご案内

  • 過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです
  • 最新のファームウェア等のダウンロードは,製品のサポートページからご利用いただけます
  • ファームウェアアップデートの方法として、オンライン経由でのアップデート(OTA)とオフライン経由でのアップデートの2種類をご用意しています。詳細はこちらをご覧ください

M9用ファームウェア「FW1.0.3」

【製品サポートページ】https://www.fiio.jp/support/m9/
  1. 「AirPlay」に対応しました
  2.  新機能「FiiO Link」に対応しました。本機能により、スマートフォンとBluetooth接続してFiiO製DAPをスマートフォンから遠隔操作することが可能になります。本機能の使用には、スマートフォンアプリ「FiiO Music」のインストールが必要で、かつクライアント側・ホスト側両方でFiiO Linkを有効にする必要があります。本機能は、Musicアプリ>設定で有効にすることができます
  3. USB DACモードでコンピューターと接続した場合に、音声信号が出力されない不具合を修正しました
  4. 特定のISOイメージを再生することができない不具合を修正しました
  5. その他の軽微な不具合を修正し、動作安定性を向上させました
本ファームウェア利用上の注意
  1. 本機能を使用するには、Android版「FiiO Music」アプリ「v1.0.7」以降が必要です
  2. 2018/12/21時点ではiOS版「FiiO Music」アプリでは本機能をお使いいただくことができません。対応済みアプリのアップデートを予定しております

「FiiO Link」の利用方法

  1. スマートフォンとFiiO製DAPをBluetooth経由でペアリングします
  2. スマートフォンおよびFiiO製DAPの両方で、「FiiO Music」の「FiiO Link」機能を有効にします。本機能は、Musicアプリ>設定で有効にすることができます
  3. スマートフォン側の設定画面で「Client」をONにして、表示されたFiiO製DAP名から遠隔操作したい製品を選択してください
  4. 「FiiO Link」が有効になると、スマートフォン側にFiiO製DAPと同様の内容が表示され、FiiO製DAPを操作する感覚で、スマートフォン側からの遠隔操作が可能になります

「AirPlay」の利用方法

  1. iPhoneまたはその他のAirPlay送信機能を持つデバイスとFiiO製DAPを同一のWi-Fiネットワーク下に配置するか、iOSデバイスのホットスポット機能を使ってFiiO製DAPをそのネットワーク下に配置してください
  2. FiiO製DAPのプルダウンメニューからAirPlayアイコンをタップして、AirPlay接続機能を有効にしてください
  3. iOSデバイスのコントロールセンターから、「FiiO Music Player」を選択してください
  4. 接続に成功するとFiiO製DAPの画面に「AirPlay」と表示され、お使いのiOSデバイスの音声がFiiO製DAPから出力されます

今後とも,弊社取り扱い製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。