「最高音質の追求」、その頂点

製品名:FH7

品番:FIO-FH7-B
JANコード:4562314014402
商品ジャンル:インイヤーモニター型イヤホン
希望小売価格:オープン価格

4BA(バランスド・アーマチュア)+1DD(ダイナミック・ドライバー)によるハイブリッド・ドライバー構成を採用したハイレゾ対応ユニバーサルタイプ・インイヤーモニター

主な特長

  • Knowles製DFK+SWFKを採用した 4BA/1DDのハイブリッド・ドライバー構成
  • 13.6mm ベリリウムコーティング・ダイナミックドライバーを採用
  • 音導管を帯域別に分割・最適化することでドライバーの真価を発揮させる「S.TURBOテクノロジー v2.0」
  • 航空宇宙グレードアルミ・マグネシウム合金の切削加工によってドライバーを最適な位置に配置
  • 鼓膜へのダンピング特性を最適化する新設計ベントポート
  • ドライバーの真価を発揮させるクロスオーバー・ネットワーク搭載
  • 高い剛性を実現する自社開発リジッド・ドライバー・マウント構造
  • 交換可能な音響フィルター構造
  • MMCXコネクター採用のケーブル着脱方式により、バランス駆動にも対応
  • 高純度単結晶銅リッツ・ワイヤー 採用の専用イヤホンケーブル付属

製品の詳細

ハイブリッド・ドライバー構成の新フラッグシップ

ハイエンド・クラスのドライバーを洗練された音響設計を施したシェルに納め、「あらゆる音楽ジャンルに合う完全無欠なIEMを作る」という困難な命題への挑戦と、その回答がハイレゾ対応ユニバーサルタイプ・インイヤーモニターFH7です。

* 上記の測定データはラボテストによるもので,実際のデータと異なる場合があります。

Knowles製DFK+SWFKを採用した 4BA/1DDのハイブリッド・ドライバー構成

ハイブリッド・ドライバー構成のイヤホンとして最高峰の音質を実現するため、FH7は世界最大級のBAドライバーメーカーである米Knowles製のBAドライバーを採用しています。米Knowles製BAドライバーは高い信頼性と優れた性能で知られており、これまで多くの医療分野、プロフェッショナルオーディオ分野で採用されてきました。

  • 高域・超高域:この帯域には、高価格帯のIEMで使用されることの多いKnowles製BAドライバー「SWFK-31736」を採用しました。 このドライバーは、非常に優れた分解能を持ちながら硬質にならず、自然で透明感の高いサウンドを提供します。
  • 中域:この帯域にはFiiOとKnowlesの共同開発によるカスタムBAドライバーを採用しました。このドライバーはKnowles製「30017」をベースにチューニングを行い、よりボディ感のある、リッチで繊細なボーカルと共に広い音場を実現します。
  • 低域:薄く軽量ながら圧倒的な高剛性を持つ13.6㎜大口径 ベリリウムコーティング・ダイナミックドライバーを採用し、深く沈みこんだ大迫力の低音再現を実現します。 軽量で応答性が良く、高剛性なことで定評があるベリリウムをダイヤフラムのコーティングに使用することで,驚異的な低音再生を実現しています

音導管を帯域別に分割・最適化することでドライバーの真価を発揮させる「S.TURBOテクノロジー v2.0」

下位モデルのFH5から採用されたFiiOの特許技術である「S.TURBOテクノロジー」も第2世代に進化し、ベリリウムダイナミックドライバーからより優れたパーフォーマンスを引き出すように最適化されました。

FH7は低域、中域、高域のそれぞれに個別の音導管を割り当てることで、3つに帯域分割されている周波数域間でのスムーズなクロスオーバーを可能にし、優れた周波数応答を実現する「S.TURBOテクノロジー v2.0」を採用。また、低域専用の音導管は、低音を扱うダイナミックドライバーによって生成される高域成分を適切にフィルタリングするために、音響工学に則った専用設計を施しています。

航空宇宙グレードアルミ・マグネシウム合金の切削加工によってドライバーを最適な位置に配置

FH7のシェルは、航空宇宙グレードのアルミ・マグネシウム合金を5軸のCNCマシニングセンタで加工したものです。 人間工学に基づいたデザインによって正しく耳に装着することを目的として、装着性の良さや快適さだけでなく、ドライバーを鼓膜に近づけることで耳の形の個人差に由来する意図しない高音の減衰を減らすことにも注力しています。

究極のシェルを作るため、FiiOではこの合金ブロックに対し21工程・計3873箇所の切削加工を行い、さらにサンドブラスト加工と手加工による研磨工程で仕上げを行っています。この結果、各ドライバーからの音が耳に向けて確実に伝わり、優れた分離感とクリーンなサウンドが得られるとともに、異なる素材を組み合わせて強固に固定することで、素材が持つ固有の振動を分散し、鳴きの少ないハウジングを実現しました。

鼓膜へのダンピング特性を最適化する新設計ベントポート

ダンピング特性や内部構造を最適化することで、FH7はキャビティの前後の圧力が釣り合った状態になっています。これにより鼓膜の圧力の不均等が軽減され、より快適なリスニングを実現しています。

ドライバーの真価を発揮させるクロスオーバー・ネットワーク搭載

FH7には設計も実装も容易ではない複雑なクロスオーバー・ネットワークが使用されています。非常に均質でスムースな周波数特性を実現するため、5つのドライバーを持てる能力の限界まで協調動作させる非常に精密なチューニングが施されています。

高い剛性を実現する自社開発リジッド・ドライバー・マウント構造

パワフルなドライバーほど最高のパーフォーマンスを得るためには強靭なシェルに格納する必要があります。 FH7では,不要な共振やひずみを大幅に減らすために非常に高い剛性の三点支持構造を採用し,望みうる最高レベル音の純度を実現しています。

交換可能な音響フィルター構造

FH7はFiiOの理想を追求した製品というだけでなく、オーナーの「理想の音」に寄り添います。FH7には自分が聴きたい音質にすることができる3ペアの音響フィルターが同梱されています。お好みの音質傾向に合わせて、以下の音響フィルターからお選びください。

  • 赤 — ダイナミック感重視・低音強調
  • 黒 — バランス重視
  • 緑 — 解像度重視・高音強調

MMCXコネクター採用のケーブル着脱方式により、バランス駆動にも対応

FH7本体とケーブルを接続するコネクター部にはMMCX端子を採用。他の機器との接続を簡単に行うことができるほか、ケーブルの組み合わせによる更なる音質チューニングを可能としています。 従来製品より端子部が延長されていることで、より取り外しのしやすい構造となっているMMCXコネクター部は、確実なコンタクト製にも配慮した設計です。また、青色と赤色に色分けされ本体の左右を視覚的に簡単に識別できる工夫が施されています。

高純度単結晶銅リッツ・ワイヤー 採用の専用イヤホンケーブル付属

FH7の付属ケーブルは高純度単結晶銅リッツ・ワイヤーを導体に採用し、152本の素線を8本の撚り線を編んで構成されています。 最高の音質を得られるよう FH7とのペアリングを重視して設計された専用ケーブルです。

豊富な付属アクセサリー

FH7はケーブルを交換できるだけでなく、イヤーピースも簡単に交換できます。 また、FH7にはSpinFit製イヤーチップが同梱されています。このイヤーチップは、低音と高音を増強するとともに、360°どの方向にも自由にたわむ構造で,どなたの耳にも簡単にフィットします。

製品の仕様

ドライバー構成4BA+1DD
再生周波数帯域5Hz ~ 40kHz
能率111 dB/mW
インピーダンス16Ω
付属ケーブルの長さ1.2 m
重量8.15 g (ケーブル含まず)
本体色ブラック
ケーブル着脱対応 (standard MMCX connector)
ケーブル高純度単結晶銅リッツ・ワイヤー
プラグL字型プラグ

設計や仕様は予告なく変更されることがあります。