よくあるご質問と回答

BTR15 – FAQ

【スマホのペアリング情報を消去する】

「設定」-「Bluetooth」でBTR15のペアリング情報を削除し、BTR15に再接続してください。

【BTR15のペアリング情報を消去する】

電源が入っている状態で、音量ーボタンと音量+ボタンを同時に約5秒間長押ししてください。

【リセット操作方法】

電源ボタンを10秒以上押し続けるとリセットされます。

BTR15はBluetooth受信機能があり、受信するBluetoothコードは携帯電話端末によって異なります。Bluetoothコードを切り替えたい場合は、携帯電話の開発者モードページから切り替えることができます。

FiiO ControlにはBTR15のBluetoothコード選択オプションがあります。BTR15で使用したいBluetoothコーデックを選択することができます。選択されていないコーデックは無効になります。

他のBluetoothコーデック(LDACなど)を使用したい場合は、以下の手順に従ってください:

1. FiiO Controlアプリ-BTR15-Statusに入ります。

2. Bluetoothコードの選択」をクリックします。

3. Aptx adaptive’の選択をキャンセルし、’ok’をクリックします。

4. BTR15が再起動し、LDACまたは他のBluetoothコーデック経由で携帯電話に再接続します。

注:iOSデバイスはSBCとAAC Bluetoothコーデックしかサポートしていません。デフォルトのBluetoothコーデックはAACです。

本体側面にございますモードスイッチをPHONE(下)に切り替えるとBTR15はスマートフォンのデコード・モードに入ります。

BTR15はスマートフォンのデコードモードになり、USB充電ができなくなります。

【Android】
同梱のType-C to Type-CケーブルでBTR15とスマートフォンを接続し、音楽を再生してください。
注:接続後音が出ない場合、以下の点をご確認ください。

  1. アプリの設定でUSB出力が有効になっているか確認してください。(設定がないアプリの場合は、2以降をご確認ください)
  2. スマートフォン開発者モードでOTG/USBデバッグが有効になっているか確認してください。-その他の詳細設定から “”開発者向けオプション “”を開き、””USBデバッグ “”または “”OTG “”機能を有効にしてください。
  3. FIIOのケーブルには方向性があります。ケーブルの接続が逆方向になっていないか確認してください。
    4.上記項目を確認後、ケーブルを抜き差しする、スマートフォンを再起動するなどの対処を行ってください。

【iOS】
Lightning – Type-C OTGケーブルを別途購入してください。(FIIO LT-LT1など)
ケーブルでBTR15とiPhone/iPadを接続し、音楽を再生してください。
IOSデバイスは特に設定を必要としないため、音が出ない場合は、ケーブルか端子の接触不良の可能性があります。

Carモードを有効にし、BTR15を車載USBポートに接続します。車のエンジンが始動すると

BTR15は自動的に電源が入り、エンジンが停止すると電源が切れます。

カーモードは、BT、PC、PHONEモードで使用できます。

USB DACモードではマイクは使用できません。Bluetooth接続時は、BTR15のマイクで通話が可能です。

インラインリモコンとヘッドホンのマイク機能はBTR15ではサポートされていません。

FiiO Control AppでBTR15をコントロールする手順は以下の通りです。

1. FiiO Controlアプリをアプリストアからインストールします。既にインストール済の場合は、最新バージョンになっているかどうかを確認してください。

2. アプリを起動し、My devices->BTR15をタップして接続を完了します。接続に成功するとメニューが表示されます。

注:USBデコードモードでは、BTR15はトラック切り替え、再生/一時停止機能をサポートしていません。

[操作説明]
電源を入れます: 電源がオフの状態で電源ボタンを約 3 秒間押し続けます。
電源オフ: 電源オフ: デバイスがオンの状態で電源ボタンを約 5 秒間押し続けます。
リセット: リセット:どのような状態からでも、電源ボタンを約10秒間押し続けます。
ディスプレイをオフにする/オンにする: デバイスの電源がオンで、メニューページにない場合、電源ボタンを短く押します。
メニュー起動: デバイスの電源がオンでメニューページにない場合、電源ボタンを約 2 秒間押し続けます。
メニュー終了: メニューページで電源ボタンを約2秒間押し続けます。
前のメニューに戻る: メニューページで電源ボタンを短く押します。
サブメニューを切り替える: メニューページでVolume+/-ボタンを短く押します。
メニュー確認: メニューページでマルチファンクションボタンを短く押します。

Bluetoothによる携帯電話とのペアリング成功後の操作方法(メニューページではありません):
Siri/音声アシスタントを起動します: マルチファンクションボタンを2回押します。
電話の再生/一時停止/応答/切断/キャンセル:マルチファンクションボタンを短く押します。
電話を拒否する: 電話着信時に多機能ボタンを約2秒間押し続けます。
ボリュームアップ/ダウン: ボリューム+/-ボタンを短く押します。
トラックを切り替える: Volume+/-ボタンを約2秒間押し続けます。
ペアリングを解除する: デバイスがオンの状態で、Volume+とVolume-ボタンを同時に約5秒間押し続けます。

[各メニュー項目]
CHG PR: 充電保護
ON: バッテリーが80%まで充電されると、USBはバッテリーの充電を停止しますが、システムには電力を供給します。
OFF(デフォルト): USBはバッテリーを充電し、システムに電力を供給します。
GAIN:BTR15はH/M/Lの3段階のゲインをサポートしています。
FILTER:シャープロールオフフィルター、ハイブリッドファストロールオフフィルター
FILTERはチップから生まれたサウンドエフェクトで、サウンドを若干調整する程度です。
EQ:7プリセット+3ユーザーEQに対応: ジャズ /ポップ/ ロック/ ダンス/ ユーザー/ R&B/ クラシック/ ヒップホップ
ユーザーEQはFiiO Control APPから設定可能。
CARMODE:メニューでカーモードの有効/無効を設定します。カーモードが有効でBTR15がオフの場合、USBを挿入すると自動的にオンになり、BTR15がオンの場合はUSBを抜くと自動的にオフになります。カーモードは使用シーンに応じて有効/無効を切り替えることができます。
U-AUDIO:UAC1.0モードとUAC2.0モードを切り替えます。
UAC1.0: USB1.0のドライバフリーモード
UAC2.0:USB2.0での高ビットレート転送モード
DIMMER:スクリーンの明るさを調整:1~4
LANG:中国語と英語の切り替え
(初回電源投入時または工場出荷時リセット後に言語選択画面が表示されます。)
VER:BTR15のファームウェアバージョン確認

UAC2.0モードでUSB DACとして動作する場合、BTR15はMQA(レンダラー)をサポートします。

MQAフルデコーダーに対応した音楽アプリケーションとの連携が必要です。MQA再生時はディスプレイに”MQA”と表示されます。

TIDALアプリを使用する場合は、まず設定で「ラウドネス正規化」をオフにし、音質をMQAに切り替えてください。

BTR15とスマートフォンをUSBで接続し、TIDALでMQAファイルを再生します。

※TIDALは日本でサービスを提供していないため、動作を保証するものではありません。

本ファームウェアは2024年2月16日に公開されました。現在は既に新しいファームウェアがリリースされております。最新のファームウェアはサポートページ下部をご確認ください。

BTR15 Bluetooth V2.2 ファームウェアの内容:

  1. FIIO Control AppのカスタムEQ名変更機能を追加しました
  2. メニューから設定できるスクリーンオフ時間オプションを追加しました
  3. PC/BT/PHONEの3モードで独立したボリューム値を保持する様変更しました
  4. ハイゲインとローゲインを複数回切り替えると、ゲインが不定となる問題を修正しました
  5. PHONEモードからPCモードに切り替えたとき、充電アイコンが点滅する問題を修正しました
  6. バッテリー表示の精度を改善しました
  7. PHONEモードでUSB Audio接続を使用する際のバッテリー消費を最適化しました
  8. その他の軽微なバグを修正しパフォーマンスを向上させました

BTR15 XMOS V121 ファームウェアの内容:

  1. PIDを変更しました

[更新方法]

BTR15 Ver.2.2につきましては専用アプリ「FiiO Control」とペアリングを行っていただき更新が可能です。

XMOS Ver.121の更新方法につきましては以下のファイルと手順表をダウンロードしご確認ください。

XMOS Ver.121

BTR15 Ver2.2 バッテリー保護機能について

Ver2.2にてバッテリー保護機能オンの状態にも拘わらず100%の表示がされるバグを確認しております。

本バグはVer3.5にて改善されておりますため、最新のファームウェアをご利用ください。

デバイス 1 とのペアリングが成功したら、マルチファンクションボタンを約 5 秒間押し続け、再度ペアリングモードにします。デバイス2で “BTR15 “を検索し、BTR15とペアリングします。デバイス1に戻り、Bluetoothデバイスリストで “FIIO BTR15 “を選択し、再接続します。または、デバイス1との接続に成功した後、再度ペアリングモードに入り、デバイス2と接続します。デバイス2とのペアリングに成功したら、マルチファンクションボタンを短く押し、デバイス1に再接続します。

本ファームウェアは2024年3月1日に公開されました。

[更新方法]

BTR15 Ver3.5につきましては専用アプリ「FiiO Control」とペアリングを行っていただき更新が可能です。

XMOS Ver.125の更新方法につきましては以下のファイルと手順表をダウンロードしご確認ください。

BTR15 Ver3.5/XMOS Ver.125更新

BTR15 Bluetooth V3.5 ファームウェアの内容:

  1. 電源ON/OFF時のプロンプト音を追加しました
  2. EQにBYPASSモードを追加しました
  3. 充電完了後、バッテリーアイコンがスクロールし続ける問題を修正しました
  4. 充電保護を有効にした後、バッテリーのアイコンが常に満タン表示になっていた問題を修正しました
  5. ファームウェア更新後にUSBを抜き差しすると、デバイスの電源が自動的にOFFになる問題を修正しました
  6. FIIO ControlのEQカスタム調整の不具合を修正しました
  7. UI表示の不具合を修正しました
  8. EQ切り替えロジックを修正しました: EQがOFFの場合のみMQAデコードおよびDSD再生に対応します。PCM再生時のEQ切替はBYPASSと各EQモードをお使いください

XMOS Ver.125更新方法その他詳細はよくあるご質問と回答をご確認ください。

USB Audioドライバーソフトウェア

FIIO USB Audio Driver v5.58 (Windows 10, Windows11)

  • exeファイルをダブルクリックし、表示される画面に従いインストールを行なってください。
  • メーカーの方針により、ドライバーのダウンロードに外部のオンラインストレージを使用しております。ご了承ください。
  • ご利用にあたってはFAQを合わせてご参照ください。
  • リンクをクリックするとメーカーの指定した外部サイトへ遷移します。
  • 機器の仕様上、OSには「FIIO Q Series」というデバイス名で表示されます。