よくあるご質問と回答

FD7 - FAQ

イヤホンとケーブルを取り外すときは付属のMMCXアシストツールを使用することをお勧めします。MMCXコネクタの接続部分に凹を合わせるように差し込み、テコの原理で取り外してください。

やむを得ずフリーハンドでイヤホンケーブルを取り外すときは、ケーブルコネクターとイヤホン本体を指でしっかりと押さえてから、同一線上にまっすぐ引き離してください。捻ったりすると破損の原因になります。

また、ケーブルを取り付けるときも、同一線上にまっすぐ取り付けるようにして下さい。斜めになっていたりすると中央ピンの位置がズレてしまって破損の原因になります。

使い方

  1. MMCXアシストツールの半円状のくぼみを、コネクターのオスとメスの間の隙間に合わせます。
  2. ツールが隙間と平行になっていることを確認し、コネクタの隙間の奥に向かって所定の位置になるまでツールを差し込みます。引っかかりを感じるまで差し込んでください。
  3. テコの原理でツールを押し下げて力をかけます。するとイヤホンからケーブルが外れます。

左 / L:青 

右 / R:赤


両方のイヤホンユニットにユニットマーカーがあります。左側のチャンネルに青いL、右側に赤いRです。

文字マーカー以外に、MMCXコネクタの位置に対応する色があります。左は青、右は赤です。ケーブルを交換するときは、表示マーカーに従って正しいチャンネルを取り付けてください。

取り付け/取り外し方法

取り外すときは、スリーブとプラグをそれぞれ摘まんで時計回りに捻ります。スリーブとプラグが分離したら、その状態から垂直にプラグを引き抜いて下さい。※引き抜くときには斜めにしたり捻ったりしないようにして下さい。破損の原因になります。

取り付けるときは、スリーブ内側に凸があるのでプラグ側のガイド(凹型の溝)に沿わせて垂直に押し込んで装着したあと、プラグブーツとプラグを摘まんだ状態で反時計回りに捻ることでロックします。これで取り付けが完了します。

FD7とFDXは、音響アーキテクチャと構成が基本的に同じです。しかし、FDXは14周年記念コレクターズエディションとして、より優れたデザインと外観処理を意識して作られており、より豊富なアクセサリーが付属しています。

1. FD7の外観はFD5のデザインを引き継いでいますが、色を黒に変更しました。

2. 付属のケーブルは黒です。交換可能なオーディオプラグもそうです。黒はイヤホン全体をより調和のとれたものに見せます。

3. ダイナミックドライバーは、FD5のDLC +ベリリウムコーティングダイアフラムから、純粋なベリリウムダイアフラムにアップグレードされました。

4. ケーブルの材質が単結晶銀メッキ銅から単結晶純銀にアップグレードされました。

5. 純粋なベリリウムダイアフラムを採用したおかげで、FD7はより高い解像度でより適切に制御されたサウンドパフォーマンスを備えています。加えてダイヤフラムの再調整によって、よりバランスの取れたサウンドとなっています。

FD7/FDXには3つの交換可能なサウンドチューブが付属しています。

  • 赤いサウンドチューブ(アクセサリに含まれています):より力強い低音
  • 黒いサウンドチューブ(FDXにプリインストールされています):シャープでディテールに富んだ高音
  • 緑のサウンドチューブ(アクセサリに含まれています):超高音域のディテールをより多くキャッチするバイフランジまたはトリプルフランジのイヤーチップ

換装方法