よくあるご質問と回答

KA11 – FAQ

注意:iOS版FiiO Control APPからKA11をコントロールすることはできません。KA11またはAndroid版FiiO Controlで設定を調整すると、設定が保存されます。


1.FiiO Control APPを最新バージョンにアップデートしてください。
2.KA11とAndroid携帯電話を接続します。FiiO Controlアプリの’My product’ページでKA11を選択し、KA11コントロールページに入ります。

KA11はType-Cポートを持つスマートフォンに接続できます。

注意事項

一部のAndroidスマートフォンや音楽プレーヤーでは、システムやハードウェアの違いにより、互換性の問題が発生する場合があります。

KA11を正常に使用するために、OTG機能をオンにする必要があるスマートフォンもあります。詳細な設定方法は、各スマートフォンのサポートにお問い合わせください。

一部のスマートフォンでは、「非認証Type-Cデジタルヘッドホン」の通知が表示されることがあります。その場合はメッセージを無視して通常通りご使用ください。

Exclusive USB Audio Access Modeについて

一部のAndroidスマートフォンでは、システムやハードウェアの違いにより、Exclusive USB Audio Access Modeで動作する際に、パーミッションの衝突や互換性の問題が発生する場合があります。以下は、いくつかの状況です。

一部のスマートフォンでは、電源管理ポリシーでサードパーティアプリのバックグラウンドでの使用がデフォルトで禁止されています。このため、音楽アプリがExclusive USB Audio Access Modeで動作している場合、数秒後に再生が停止することがあります。このような場合は、携帯電話のバッテリー管理設定で、スリープ中でもアプリが動作するように設定してください。

Windowsの場合
1.Windows 10以上のシステムでドライバーフリーで動作します。
2.最初に接続する前に、FiiO USB Audio Driver をインストールし、有効にしてください。
3.パソコンでの再生ソフトの設定:オーディオ出力デバイスとして””FiiO KA11″”を選択し、KA11にヘッドホンを接続して音楽を再生します。

Macの場合
1.KA11はMacOSではドライバー不要で動作します。
2.パソコンのType-Cポートに接続する場合は、KA11のType-C版を使用してください。
3.パソコンの音声出力デバイスとして、”FiiO KA11 “を選択してください。

注意:Type-CポートではなくUSB Aポートに接続する場合は、Type-C – USB Aアダプタを別途ご用意ください。

KA11にはお好みに合わせて5種類のフィルターが内蔵されています。
フィルターとは、チップと一緒に生まれたサウンドエフェクトのことで、サウンドにわずかな調整を加えます。尚、ご使用のデバイスにより異なる可能性があります。

Minimum phase fast roll-off filter:ニュートラル、ミディアムリバーブ、音に厚みがあり、部分的にミッドレンジ、厚みのあるウォーム、ボーカルやスローテンポの音楽に適しています。
Fast roll-off, Phase-compensated filter:ニュートラル、少量のリバーブ、自然な音に戻す、ニュートラルなトーン、自然でスピード感の強い音楽に適しています。
Minimum phase slow roll-off filter:ニュートラル、少量のリバーブ、より暖かいサウンド、より中音域、大きなサウンドステージ、オーケストラや他の大規模な組成の音楽に適しています。
Slow roll-off, Phase-compensated filter:シャープ、少量のリバーブ、原音に忠実、ニュートラルなトーン、ディテール、モニタースタイルに適しています。
Non over-sampling filter:信号周波数に等しいサンプリングレート、信号のオーバーサンプリングはありません。

KA11はインラインリモコンマイクに対応していません。

KA11接続中に電話に出た場合は、KA11に接続したヘッドセットから相手の声が聞こえ、自分の話し声はスマートフォンのマイクを通して伝えられます。

ランプの点灯色により、状態が異なります。

PCM≦48kHz:青

PCM>48kHz: 黄色

DSD: 緑

ランプが正しく点灯しない場合は、次の手順を確認してください:

ランプが点灯する: FiiO Controlでランプが点灯しているか確認してください。

ランプが点灯しない

a. 音源

のサンプリングレートが条件を満たしているか確認してください。

b. USB exclusive modeは有効になっていますか?

KA11に接続すると、USB exclusive modeに対応したAPPが、USB exclusive modeを有効にするかどうかのウィンドウをポップアップ表示します。

クリックして確認してください。ハイサンプリングオーディオソースを再生すると、KA11のランプも自動的に色が変わります。

ファームウェア更新はこちらよりダウンロードしてください。

手順につきましては、以下の手順表をご確認ください。

※本更新は、android端末用となり並行して「FIIO Contol」アプリのアップデート(v3.21)を行っていただく必要がございます。必要がございます。アプリケーションはこちらよりダウンロードを行い、アップデートしてください。

KA11 v0.08 ファームウェア更新

FIIO Controlの音量調整が保存できない問題に対応しました
 
注意
 

  1. ファームウェアアップデート後に音が小さくなった場合は、FIIO Control上のボリュームを大きくしてください
     
  2. FIIO Controlの音量調整機能は、フロントエンドの再生デバイスの音量を補完し、より正確な音量調整を可能にします。フロントエンド再生機器の音量調整で必要な調整が十分可能であれば、本ファームウェアにて更新する必要はありません
     
  3. ファームウェア更新には、USB Type-Cインターフェースを持つWindows PC、または対応アダプタが必要です
     
  4. iPhoneのようなiOSデバイスの音量カーブは比較的完全であるため、KA11のLTバージョンはこのファームウェアをアップデートする必要はありません
     
  5. 現在、このファームウェアは、FIIO Controlで音量を調整する際に、ごくわずかな確率で左右の音量バランスが崩れる問題があります。この現象が発生した場合、再度調整することで元に戻すことができます。FIIO Controlで適切な音量値に調整した後も、日常の音量調整はフロントエンドの再生機器から行うことを推奨します

※上記の更新と並行して「FIIO Control」アプリをV3.21へアップデートする必要がございます。操作方法やアプリケーションファイルにつきましては上記よくある質問よりご確認ください。

USB Audioドライバーソフトウェア

FIIO USB Audio Driver v5.58 (Windows 10, Windows11)

  • ZIPファイル解凍後にexeファイルをダブルクリックし、表示される画面に従いインストールを行なってください。
  • メーカーの方針により、ドライバーのダウンロードに外部のオンラインストレージを使用しております。ご了承ください。