よくあるご質問と回答

KA13 – FAQ

KA13とAndroidスマートフォンを、KA13付属のUSB C to Cアダプタで接続します。

FiiO Control APPでKA13の設定を調整した後、FiiO Control APPがホームページに戻る前にKA13のボタンが動作しなくなります。(左上の戻るアイコンをクリックするとホームページに戻ります。)

注意

1.iOS版のFiiO Control APPからKA13をコントロールすることはできません。しかし、Android版FiiO Controlで設定を調整すると設定が保存されます。

2.FiiO Control APPを最新バージョンにアップデートしてください。

Android搭載のスマートフォン/タブレットについて

TypeC-TypeCケーブルを使用して、KA13とスマートフォンを接続します。その後、曲を再生して高音質の音楽を楽しむことができます。

注意事項

1. 一部のAndroidスマートフォンや音楽プレーヤーでは、システムやハードウェアの違いにより、互換性に問題が生じる場合があります。

2. 一部のスマートフォンでは、KA13を正常に使用するために、OTG機能をオンにする必要があります。詳細な設定方法は、各スマートフォンのサポートにお問い合わせください。

3.一部のスマートフォンでは、「非認証Type-Cデジタルヘッドホン」の通知が表示されることがあります。その場合はメッセージを無視して通常通りご使用ください。

iPhone/iPadについて

KA13とiPhone/iPad/iPodを接続するには、TypeC OTGアダプターを使用します。楽曲を再生することで、高音質な音楽を直接楽しむことができます。

注意事項

1.iOS10.0.2以上のみ対応しています。これ未満のバージョンのApple端末は、iOS自体の問題で対応できません。

2.iPhoneは外部USB機器への給電に制限があるため、高出力のKA13は極端な音量で音が途切れたり、音が出なくなることがあります。

Windowsの場合
1.Windows 10以上のシステムでドライバーフリーで動作します。
2.FiiO USB DAC driverをインストールしてください。さらにDSD256のASIO出力に対応しています。
3.再生ソフトの設定-オーディオ出力デバイスのメニューで “FiiO KA13 “を選択し、KA13にヘッドホンを接続すると音楽が聴けます。

Macの場合
Macシステムにはドライバーは必要ありません。
パソコンのType-Cポートに接続する場合は、Type-C to Type-Cケーブルを使用して直接接続してください。USB-Aポートに接続する場合は、USB-A-Type-Cケーブルを使用してください。
パソコンの音声出力デバイスとして、 “FiiO KA13 “を選択します。

Linuxの場合
KA13は Linux 上でドライバ不要で動作します。ただし、Linuxはバージョンが多すぎるため、互換性を保証することはできません。問題がある場合は、他のデータケーブルで試すか、他のUSBポートに変更することをお勧めします。それでも認識されない場合は非対応である可能性が高いです。

ドライバーが原因で、一部のWindowsパソコンで音楽が途切れる場合
(1) 一部のパソコンの電源管理ポリシーの違いによるものです。
コントロールパネル->ハードウェアとサウンド->電源オプションの設定メニューで、”USB選択サスペンド設定 “を無効にしてから、パソコンを再起動してください。
(2) それでも問題が解決しない場合は、電源オプション->PCI Expressでリンクステート電源管理をオフにしてください。
(3) それでも解決しない場合は、ドライバーレスモードを選択してください。DACドライバーとASIOをアンインストールし、出力デバイスとしてKA13を選択します。

KA13は大出力のミニデスクトップデバイスなので、他のUSBドングルより熱くなりやすくなっています。KA3と比較すると、KA13の消費電力は約10-20mA高く、温度差は約2-3℃です。KA13を30分使用すると、温度は約37-40℃になります。

Xiaomiスマートフォンのシステム設定には、「ヘッドフォンリモートボタン」オプションがあり、音量レベルまたは音楽再生のコントロールのいずれかのモードしか選択できないようになっています。

KA13はUAC 1.0モードをサポートしていないため、Nintendo SwitchやPS5とUSB接続することはできません。

KA13にはお好みに合わせて5種類のフィルターが内蔵されています。

フィルターとは、チップと一緒に生まれたサウンドエフェクトのことで、サウンドにわずかな調整を加えます。尚、ご使用のデバイスにより異なる可能性があります。

Minimum phase fast roll-off filter:ニュートラル、ミディアムリバーブ、音に厚みがあり、部分的にミッドレンジ、厚みのあるウォーム、ボーカルやスローテンポの音楽に適しています。

Fast roll-off, Phase-compensated filter:ニュートラル、少量のリバーブ、自然な音に戻す、ニュートラルなトーン、自然でスピード感の強い音楽に適しています。

Minimum phase slow roll-off filter:ニュートラル、少量のリバーブ、より暖かいサウンド、より中音域、大きなサウンドステージ、オーケストラや他の大規模な組成の音楽に適しています。

Slow roll-off, Phase-compensated filter:シャープ、少量のリバーブ、原音に忠実、ニュートラルなトーン、ディテール、モニタースタイルに適しています。

Non over-sampling filter:信号周波数に等しいサンプリングレート、信号のオーバーサンプリングはありません。

D.MODE をONに切り替えると、デスクトップモードがONになります。KA13の出力とゲインをより高くすることができます。

ハイインピーダンスのヘッドホンや駆動しにくい機器の駆動におすすめです。ただし、KA13の消費電力も上がるため、D.MODE時に接続するデバイスのUSBバスパワーの電力供給能力が十分であることを確認して下さい。

D.MODEをOFFに切り替えると、デスクトップモードはOFFになります。KA13は日常的に音楽を楽しんだり、低インピーダンスのヘッドホンを駆動するために使用します。

RGBアンビエントライトが消灯している場合

androidをご利用の場合、FiiO Control APPでRGBアンビエントライトがオフになっていないか確認してください。

RGBアンビエントライトの色が変わらない場合

1.まずソースのサンプリングレートを確認してください。

2.USBエクスクルーシブモードを有効にできているか確認してください。

ファームウェアのアップデートはWindows PCを用いてUSB経由でコンピュータに接続した場合にサポートされます。詳細はサポートページ内の「最新ファームウェアのご案内」をご確認ください。

SPDIF機能を使用する場合は、まずFiiO Control APP Android版でSPDIF OUTを有効にしてください。

その後、専用の3.5mm-RCA同軸ケーブルでKA13を他の機器の同軸入力ポートに接続してください。ピン定義図は以下の通りです

ヘッドホン出力などアナログ出力を使用する場合は、このオプションを無効にしておいてください。

従来のUSBドングルは、より多くのスマートフォンと互換性を持たせるため、出力に制限がありました。特にiPhoneの場合、iPhone自体に外付けUSBデバイスに給電する限界があります。USBドングルの出力が高すぎる場合、LTポートの電源供給能力を超えると音が途切れたり、音が出なくなったりすることがあります。

実際、ほとんどのAndroidスマートフォンの出力電流は十分高いです。KA13のために設計されたデスクトップモードは、ユーザーにもう1つの選択肢を与えることを意図しています。デスクトップモードがオンの場合、出力電力は高くなります。デスクトップモードがオフの場合、KA13はiPhoneのような出力電流の小さいスマートフォンに適しています。

また、iPhone15よりType-Cポートに変更されたため、KA13は新しいiPhoneに接続するとき、そのような高出力にも対応できるかもしれません。したがって、KA13のデスクトップモードは、互換性と出力のバランスを取るためのものです。

実際、ほとんどのヘッドホンはより良い音質を得るために十分な高出力を必要とします。私たちの経験と市場からのフィードバックによると、M17/Q7/M15Sや他のポータブル製品の デスクトップモードは、ユーザーに認められ歓迎されています。

そのため、KA13ではより高い出力を持つデスクトップモードを導入しました。もちろん、デスクトップモードはデスクトップデバイスの性能をすべて備えているという意味ではありません。

一般的にUSBドングルの定格出力が高ければ高いほど、スマートフォンへの供給電力は大きくなり、スマートフォンの電池寿命が短くなります。

しかし、高出力の製品を使用する際には、実際の出力状況を確認する必要があり、例えば高インピーダンスのヘッドフォンに必要なのは、大電流を流さない高電圧となります。

また、特に低インピーダンスのヘッドホンでは、大電流は必要だが高電圧は必要ありません。

そして一般的に、高出力のオーディオ機器は、高/低インピーダンスのヘッドホンをより良く駆動するために、通常、より高い出力電圧とより高い出力電流を持っています。

最新ファームウェアのご案内

  • 過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は最新バージョンに搭載済みです。
  • ファームウェアの更新はWindowsコンピューターでのみ対応します。

ファームウェア更新方法

2024年1月 v0.15リリース情報

  • 一部のPCやスマートフォンと接続時、再生を一時停止した後にポップノイズが出ることがあるのを改善しました

USB Audioドライバーソフトウェア

FIIO USB Audio Driver v5.58 (Windows 10, Windows11)

  • ZIPファイル解凍後にexeファイルをダブルクリックし、表示される画面に従いインストールを行なってください。
  • メーカーの方針により、ドライバーのダウンロードに外部のオンラインストレージを使用しております。ご了承ください。