よくあるご質問と回答

R9 – FAQ

電源:
R9はバッテリーを搭載していません。DCまたはAC電源に対応しており、どちらの電源でも使用できます。

AC電源入力:
R9電源アダプターの電源電圧はAC100V~240Vに対応しています。ただし電気用品安全法に準拠し、日本国内でのサポートは100Vでの使用時に限ります。
AC電源を使用する場合、まず電源を切った状態で背面のAC/DCスイッチを「AC」に切り替え、電源をオンにしてください。

DC電源入力:
DC15V 3A・内径2.1mm、外径5.5mmのものが適合します。
R9は外部DCパワーサプライと併用することで、より濃密でディティールの際立つピュアなサウンドを表現することができます。
DC電源を使用する場合は、背面のAC/DCスイッチを「DC」に切り替えてください。

起動方法:
電源に接続した後、背面の電源スイッチをONにし、前面の電源ボタンを2秒間短く押すとR9の電源が入ります。

シャットダウン:
電源ボタンを長押しし、画面右上に表示される電源アイコンをクリックします。シャットダウンをクリックしてR9の電源を切ります。

[システム設定]-[ディスプレイ]-[インジケータ・ライト・コントロール]で、ノブとストリップ・インジケータの明るさ、動作スタイル、ライトの色を設定できます。

明るさ 音量に基づく/温度に基づく/ユーザー定義
動作状態: 常時点灯/点滅/消灯
光色:オーディオ・フォーマットに基づく/固定色(赤/青/シアン/紫/黄/白/緑/オレンジ/虹)/繰り返し

注意事項
ライトカラーが “”Rainbow “”に設定されている場合、パルシング効果はありません。
ライトの動作スタイルを “”Rhythm “”に設定した場合、インジケーター・ライトは、オーディオ再生中はオーディオのリズムに追従し、非再生時はランダムに動きます。
ライトの色を “”Repeated pulsing “”に設定した場合、レインボー効果はありません。

ノブの点灯色
Bluetooth(受信/送信) SBC: 青
AAC:シアン
LHDC:オレンジ
aptX-HD: イエロー
aptx/aptx LL:パープル
aptxアダプティブ 緑
LDAC: 白
ローカル再生 LQ: 青
SQ: シアン
HQ イエロー
MQA 紫
DSD:緑

UAC/同軸/光デコード
<48K: 青 48K: 黄 MQA 紫 DSD: 緑

R9は、Roon Ready、Androidモード、Pure Musicモード、Bluetooth受信モード、USB DACモード、COAXモード、OPTモード、AirPlayモード、AV INモード、AV ARCモードの10種類の動作モードをサポートしています。

初回電源投入時は、デフォルトでAndroidモードになります。電源ボタンを約2秒間押し続けるか、ステータスバーからメニューをドロップダウンすることで、他の動作モードに切り替えることができます。

プレーヤーがAndroidモードではなく他のモードになっている場合は、ディスプレイ上の選択で他のモードに切り替えるか、[設定]->[終了]をタップしてAndroidモードに戻ります。

[Roon Ready、Androidモード、Pure Musicモード、Airplayモードでサポートされる出力]

  • XLR4バランス、4.4mmバランス、6.35mmヘッドフォン出力(前面)
  • RCAライン出力、光出力、同軸出力、XLRバランスライン出力(背面)
  • Bluetooth出力
  • USBオーディオ出力

[Bluetooth受信モード、USB DACモード、同軸/光デコードモードでサポートされる出力]

  • XLR4バランス、4.4mmバランス、6.35mmヘッドフォン出力(前面)
  • RCAライン出力、光出力、同軸出力、XLRバランスライン出力(背面)
    ※Bluetooth出力、USBオーディオ出力には対応していません。

[AV INモードおよびAV ARCモードでサポートされる出力]

  • XLR4バランス、4.4mmバランス、6.35mmヘッドフォン出力(前面)
  • RCAライン出力、XLRバランスライン出力(背面)
  • ※光出力、同軸出力、Bluetooth出力、USBオーディオ出力には対応していません。

1.設定->システム->言語と入力->言語->言語を追加で目的の言語を選択します。
2.右側の””=””アイコンを押し、最初の行に設定したい言語をドラッグして選択してください。

注意事項
FiiO Musicアプリの言語はデフォルトでシステムのものになります。また、FiiO Musicアプリ->設定->言語から個別に言語を選択することもできます。

Windowsの場合
FiiO USB DACドライバをインストールします: ここをクリック
ドロップダウンメニューでR9の動作モードをUSB DACモードに切り替えるか、[設定]->[モード選択]メニューでUSB DACモードに入ります。
R9の出力設定:使用するインターフェースに応じて、対応する出力ポートに切り替えてください。フロントパネルのヘッドホン出力は[PO]に、リアパネルのライン出力は[PRELO]または[LO]に、フロントパネルのヘッドホン出力とリアパネルのライン出力は[PO+PRELO]に切り替えてください。
コンピューターとR9のUSB 3.0 Type CポートをUSBデータケーブルで接続し、コンピューターシステムのオーディオ出力と再生ソフトウェアのオーディオ出力をR9に設定します。

MACの場合
R9はMacOSではドライバー不要で動作します。
システム音量を最大に調整し、ポテンショメーターで本機の出力音量を調整することをお勧めします。

Linuxの場合
Linuxシステムはドライブフリーです。理論上は直接接続して使うことができますが、バージョン数が多いため、全てのシステムに対応できる保証はありません。
接続が認識されない場合は、別のデータケーブルやUSBポートに変更してトラブルシューティングを行うことをお勧めします。

R9をAndroidスマートフォン、プレーヤー、iOSデバイスに接続するには、接続用のOTGケーブル(例:FiiO LT-TCシリーズまたはLT-LTシリーズ)を購入する必要があります。
ドロップダウンメニューでR9の動作モードをUSB DACモードに切り替えるか、Settings->Mode chooseメニューでUSB DACモードに入ります。
R9の出力設定:使用するインターフェースに応じて、対応する出力ポートに切り替えてください。
フロントパネルのヘッドホン出力は[PO]に、リアパネルのライン出力は[PRELO]または[LO]に、フロントパネルのヘッドホン出力とリアパネルのライン出力は[PO+PRELO]に切り替えてください。
携帯電話とR9のUSB3.0タイプCポートをUSBデータケーブルで接続し、楽曲を再生することで、高音質の音楽を直接楽しむことができます。

Androidスマートフォン/PADの場合
TypeC-TypeCデータケーブルを使用して、R9とスマートフォンを接続します。楽曲を再生することで、高音質な音楽を直接楽しむことができます。
注意事項 接続しても音が出ない場合は、以下の点にご注意ください:
1.再生ソフトの設定、例えばFiiO Musicの場合、USB出力があればオンにする必要がありますが、USB出力をオフにしないと音が出ない機器もあります。
2.開発者モードでUSBデバッグがオンになっていることを確認してください。携帯電話の “”その他の詳細設定 “”から “”開発者向けオプション “”を開き、””USBデバッグ “”または “”OTG “”機能をオンにする必要があります。
3.アダプタケーブルにOTG機能があるか確認する。ケーブルが逆に接続されているかどうか、方向インジケータがあります。
4.異なるブランドのスマートフォンのUSBオーディオには統一された仕様がないため、完全な互換性を保証することはできません。ステップ1~3を試しても音が出ない場合、ハードウェアの問題かどうかを確認するために、R9を他のスマートフォンやコンピューターに接続してみてください。コンピューターに接続しても問題が解決しない場合は、お問い合わせください。

iPhone/iPadの場合
Lightning-TypeC OTGアダプターを使用してR9とiPhone/iPad/iPodを接続し、USB DACページでiOSデコードオプションをオンにします。曲を再生することで、高音質の音楽を直接楽しむことができます。
注意事項
1.iOS10.0.2以上に対応しています。このバージョン以下のAppleデバイスはiOS自体のためサポートできません。
2.iOSデバイスの音量調整は無効です。

1.設定->BluetoothメニューでBluetooth機能をオンにする。
2.BluetoothイヤホンなどのBluetooth受信機器をペアリング状態にする。(ペアリングステートに入る方法はBluetooth受信デバイスのユーザーマニュアルを参照してください)
3.R9のBluetoothデバイスリスト→新しいデバイスのペアリングで接続が完了します。

Bluetoothヘッドホンの接続について
1.R9がBluetoothイヤホンとの接続に失敗した場合、どうすればいいですか?
Bluetoothイヤホンへの初回接続に失敗する場合、イヤホンがペアリング状態になっていることを確認してください(初回接続時にイヤホンが再接続状態になっていると接続に失敗します)。R9のBluetoothメニューから接続を開始してください。

2.R9はどのBluetoothコーデックに対応していますか?また、Bluetoothコーデックの切り替え方法は?
R9はLHDC、LDAC、aptX-HD、aptX、AAC、SBCをサポートしており、設定->オーディオ->ワイヤレス再生品質メニューで切り替えることができます。

3.R9をAirPodsに接続した際、音量が小さすぎる場合はどうすればいいですか?
「設定]->[電話について]に進み、[ビルド番号]を7回連続でタップします。設定->システム->開発者オプションメニューに戻り、「絶対音量を無効にする」をオフにします。Bluetoothで2つのデバイスの接続を解除し、再接続します。

接続方法
光/同軸出力機器→R9→ヘッドホン/スピーカー


設定方法
R9の入力設定:R9の電源を入れた後、電源ボタンを約2秒間押し続けるか、ステータスバーからメニューをドロップダウンし、対応する光/同軸デコードモードに切り替えます。そして、対応する光/同軸ケーブルをR9のバックパネルにある[OPTIAL IN]または[COAXIAL IN]ポートにアクセスします。
R9の出力設定:使用するインターフェースに応じて対応する出力ポートに切り替え、フロントパネルのヘッドホン出力では[PO]に切り替え、リアパネルのライン出力では[PRELO]または[LO]に切り替え、フロントパネルのヘッドホン出力とリアパネルのライン出力では[PO+PRELO]に切り替えます。
3.フロントエンドの光/同軸出力機器から音楽を再生すると、音楽を楽しむことができます。
注:音が出ない場合は、フォーマットやファイルの問題を除外するために、他のトラックを試してください。

同軸/光出力ポートから出力されない場合
システム設定-オーディオ-OPT/COAX出力オプションからOPT/COAX出力を有効にする必要があります。
注:光/同軸出力スイッチがオンの場合、出力は標準SPDIFプロトコル仕様に従います。

最大対応サンプリングレート
COAX OUT: 384kHz/24bit; DSD128 (DOP)
OPT OUT:192kHz/24bit
最大サンプリングレートを超えるトラックはSRCしてから出力します。
同軸/光出力時はステータスバーにサンプリングレートが表示されます。
R9の同軸/光出力端子は独立しています。アナログ出力とデジタル出力の同時出力が可能です。また、XLRコネクターは無検出ですので、アナログ出力とデジタル出力の区別はありません。

1.R9のドロップダウンメニューまたは設定メニューに移動し、作業モードをBluetooth受信モードに選択します。
2.スマートフォンのBluetooth送信リストに移動し、R9をタップして接続を完了します。

注:接続に失敗した場合は、以下の方法をお試しください。
1.R9とスマートフォンのBluetooth機能を一度オフにした後、再度Bluetoothをオンにしてください。
2.Bluetoothモードの設定オプションで「ペアリングをクリア」をクリックし、再接続してください。

AirPlay機能は、R9をiOSデバイスに接続した場合のみ使用可能で、Androidスマートフォンでは使用できません。
1.R9とiOSデバイスが同じWiFiネットワークに接続されていることを確認してください。(またはiOSデバイスのWifiホットスポットを使用してください)。
2.R9をAirPlayモードに切り替えます。
3.iOSデバイスのドロップダウンメニューで、再生デバイスとしてR9を選択します。これでR9はiOSデバイスからのオーディオ信号を受信できます。

1.Roonのコアソフトが動くPCが必要となります。R9はエンドポイントまたはコントローラーに過ぎないので、R9だけで実行することはできません。Roonの公式ウェブサイト:https://roonlabs.com/


2.パソコンにRoonをダウンロードし、Roonアカウントにログインします。コンピューター上で
Roon-Setting-Storageを選択します: ローカルミュージックを追加するか、Tidalアカウントをメディアライブラリとしてログインします。
Roon-Setting-Audio(オーディオの設定): R9を有効にします。


3.コンピューターとR9を同じイーサネットに接続します。R9でFiio Roonを起動し、R9のRoon Ready機能を立ち上げてフルビットパーフェクトオーディオを有効にしてください。

AV IN モードの使い方
R9のAV INモードは、オーディオおよびビデオ信号の受信と、受信したビデオ信号のモニターへの送信をサポートします。

  1. ドロップダウンメニューでAV INモードに切り替えます。
    2.R9のAV INポートにAV出力のあるオーディオ機器を接続、R9のAV OUTポートにモニターを接続して、オーディオ機器の表示をモニターにキャストすると、音声がデコードされてR9に出力されます(例えば、コンピューターをR9のAV INに接続し、R9のAV OUTをモニターに接続します)。
  2. R9をコンピュータなどのオーディオ機器に接続する場合は、コンピュータのオーディオ設定で対応するサウンドカードデバイスを選択する必要があります。

AV ARCモードを使用する場合
1.ドロップダウンメニューでAV ARCモードに切り替えます。
2.ARC機能を持つオーディオデバイス(ARC対応のスマートTVなど)をR9のAV OUT (ARC)ポートに接続してください。

1.リモコン機能はFIIO Controlアプリで操作する必要があります。スマートフォンのアプリが最新のものであることをご確認ください。
2.R9とスマートフォンが同じLANに接続されていることを確認してください。
3.R9のホームページにある「FIIO Cast」アイコンをタップし、ホームページに入ります。解像度優先(デフォルト)と流暢さ優先のどちらかを選択できます(同一画面操作時のみ有効です)。開始をタップし、接続待ちのページに入ります。
4.スマートフォンのFIIO Controlアプリにアクセスし、「デバイスを追加」→「DAP」の順にタップして対応するデバイスを検索する(またはR9の下部にある「Click for more ways to connect」をタップし、QRコードをスキャンして接続することも可能です)。
接続すると、基本的な操作ページに入ります。このページにはR9の通常の操作がいくつかあり、キャスティングをタップすると、R9のディスプレイを遠隔操作することができます。
 
注意事項
FIIO Castは接続後、バックグラウンドで動作しますが、順次前のページに戻ると切断される場合があります。
FIIO Cast接続後、しばらくスマートフォンの画面をオフにしてからロックを解除すると、キャストが切断されます。この時、アイコンが赤くなるのを待ってから再接続をタップすると基本操作画面に戻ります。

R9 はオンラインアップデートとローカルアップデートに対応しています。
1.オンラインアップグレード
新しいファームウェアが利用可能であり、検出できる場合(R9 が利用可能なインターネットに接続されている場合)、通知センターにアップデート通知が表示されます。
これをタップすると、オンラインアップデートのアップデートメニューに入ります。
アップデート通知が表示されない場合は、テクニカルサポート->ファームウェアアップグレードメニューに移動し、アップデートの確認アイコンをタップして手動で確認することができます。

2.ローカルアップデート
R9はファームウェアパッケージによってローカルにアップデートすることができます。FiiOウェブサイトからファームウェアパッケージファイルをダウンロードし、R9の内部ストレージまたはSDカードにコピーします。Technical Support->Firmware Upgrade->Local Upgrade メニューからファームウェアパッケージファイルをひらいてアップデートを開始してください。

注意事項
1.ファームウェアパッケージファイルを解凍しないでください。
2.デバイスがファームウェアを検出できない工場出荷モードになった場合、ファームウェアファイルが破損している可能性があります。この場合は、電源ボタンを押してデバイスを再起動の上、ファームウェアファイルを再ダウンロードしてからアップデートを再開してください。

Windowsの場合、ドライバ不要です。
付属のUSBケーブルでR9をコンピューターに接続すると、ドライバが自動的にインストールされます。その後、FiiO R9ディスクを直接コンピューターで見ることができます。

Macの場合はドライバが必要です。
R9をコンピューターに接続した後、デスクトップ上の「NO NAME」フォルダをクリックし、Mac->Mac/MAC OS MTP Client->Android File Transfer.dmgをダブルクリックします。「Android File Transfer.dmg」をコンピューターのデスクトップにドラッグします。

1.Android File Transfer “”ファイルを””””Applications””””フォルダにドラッグし、コピー完了を待つ。
2.アプリケーションに入り、Android File Transferをダブルクリックします。R9の内部ストレージまたはマイクロSDカードに保存されたファイルを管理することができます。

注意事項
R9フォルダは次回同じコンピュータに接続する時、直接ポップアップ表示されます。

FiiO Link Bluetooth機能
1.R9のFiiO Musicアプリ上で、Settings->FiiO Link->┆(ディスプレイの右上)、ServerとしてBluetoothを選択してください。
2.R9とスマートフォンをBluetoothで接続します。
3.スマートフォンのFiiO Musicアプリで、Settings->FiiO Link->┆(ディスプレイ右上隅)を選択し、ClientとしてBluetoothを選択します。
注意: iPhoneはFiiO Link WiFi機能のみに対応しており、Bluetoothには対応していません。

FiiO Link Wifi機能
1.R9とスマートフォンが同じWiFiネットワークに接続されていることを確認してください。
2.R9のFiiO Musicアプリで、Settings->FiiO Link->┆(ディスプレイの右上にある)を選択し、ServerとしてWiFiを選択する。IPアドレスが表示されます。
3.スマートフォンのFiiO Musicアプリで、設定->FiiO Link->┆(ディスプレイの右上隅)を選択し、クライアントとしてWiFiを選択します。ポップアップダイアログにIPアドレスを入力し、接続を完了します。
注意:iPhoneはFiiO Link WiFi機能のみに対応しており、Bluetoothには対応していません。

DLNA機能 とは、R9がWiFiを通じて、DLNA機能をサポートするデバイス(例:デバイスA)に保存された音楽ファイルを読み取り、受信できることを意味します。
1.R9とデバイスAが同じWiFiネットワークに接続されていることを確認します。
2.R9のFiiO Musicアプリで、メインメニューのDLNAをタップし、デバイスAを検索して音楽を再生します。
 
注意事項
もしDLNA機能を使用できないデバイスがありましたら、さらなる解析のためにお問い合わせよりお知らせをお願いします。
FiiO Musicアプリは現在のところ音楽の送信をサポートしておらず、受信のみサポートしています。送信機能につきましては、追加を検討しております。

1.光/同軸出力スイッチ
1.光/同軸出力ポートを制御します、初期状態はOFFです。

  1. 同軸出力信号の設定: この設定は、同軸出力を使用する場合のみ調整する必要があります。
    D2Pモードでは、PCM信号を再生するとネイティブPCM信号が出力されます。DSD信号を再生すると、システムはDSD信号をPCM信号に変換して出力します。

DoPモードでは、PCM信号とDSD信号がネイティブで出力されます。
[注]DoPが望ましいですが、DoPに対応していない機器で接続する場合は、D2Pを選択する必要があります。

  1. ゲイン
    ハイ、ミディアム、ロー、スーパーハイ、ウルトラハイの5段階のゲインモードがあり、5段階の出力電圧に対応しています。ヘッドホンに応じて、異なるゲインを選択できます。
  2. デジタル・フィルター
    R9には3種類のフィルターが搭載されています。リスニングの好みに合わせて選ぶことができます。
    フィルターはオリジナルのDACチップに付属しているエフェクトで、サウンドの微妙な調整が可能です。
    シャープロールオフ:音はふくよかでまろやか、ボーカルは後方にあり、豊かでふくよか、強い残響があり、ポップミュージックに適しています。
    ショート・ディレイ・スロー・ロールオフ:音はクリーンで、ボーカルは前面にあり、クリアでオリジナリティがあり、クラシック音楽に適している。
  3. Bluetoothコーデック
    Bluetooth伝送のデフォルトコーデックはサポートされている最高コーデックで、この設定でサポートされているコーデックを選択できます。
  4. Bluetooth音量調整モード
    この機能は、Bluetooth同期音量とBluetooth独立音量を備えたBluetooth伝送でのみ使用できます。Bluetooth同期音量は、受信側の機器も対応していないと使用できません。Indep Bluetoothボリュームとは、受信機と送信機の音量調整が独立していることを意味します。同期Bluetooth音量モードは、AirPodsのような一部のBluetoothヘッドホンに接続する際、音量が小さくなる問題を解決することができます。
  5. チャンネルバランス
    チャンネルバランスとは、左右チャンネルの出力振幅を個別に調整することで、ユーザーに適した特別なリスニング状態を構築することです。左右の耳の聴力に差がないユーザーは、デバイスの左右チャンネルの出力がバランスされるため、この機能を使用する必要はありません。チャンネルバランスの初期値は0、左右のチャンネルはそれぞれ20レベルで調整でき、各レベルの差は約0.5dBに固定されています。
  6. All to DSD
    All to DSDをオンにすると、グローバルPCMオーディオがDSDに変換されて出力され、音質がさらに向上します。
    [原理] All To DSDの最も重要な点は、PCMフォーマットのデジタル信号をDSDフォーマットに変換することで、D/A変換時にDSDフォーマットを使用することで、よりクリアで自然なサウンドを得ることができます。
    また、DSDの最低フォーマットはDSD64で、データ量だけで計算すると44.1k/16bitの4倍となるため、All to DSDはPCM信号をアップサンプリングすることにも相当します。All to DSDの効果はサードパーティ製アプリにも対応しています。
  7. 第二高調波調整
    真空管パワーアンプの特殊な歪みを実際にシミュレートし、元の信号には存在しない第二高調波(偶数倍音)を人工的に付加する機能です。
    オプション設定: レベル0/1/2
    レベル0に設定すると、高調波が最小化され、歪みが最も小さくなります。
    レベル1に設定すると、高調波は中程度、歪みは中程度になります。
    レベル2に設定すると、高調波が最大になり、歪みが最大になります。
  8. EQ
    グローバルPEQ機能は、FIIO Musicや他のサードパーティアプリのEQ重畳をサポートします。以下はPEQを有効にした後の処理です。
    (1) サンプリングレート192k以上-SRC処理
    (2) 優先順位: All to DSD>PEQ>MQAとなります。

システムナビゲーション
ジェスチャー、2ボタン、3ボタンのナビゲーションが可能です。

システム最大音量設定
設定後、他の音量はこの音量より小さくなります。

画面回転
有効にすると表示ページが180°回転します。

ダブルタップで起動
有効にすると、R9がオフまたはスリープ状態の時に画面をダブルタップして起動することができます。

FIIO Roon
有効にするとRoon Readyページに入ります。

イーサネット
有効にすると、R9はWifiに接続する代わりにネットワークケーブルで直接インターネットに接続することができます。
デフォルトではオンになっており、有線ネットワークとWiFiが同時に接続されている場合は、有線ネットワークが先に選択されます

サンプルレート表示
オンにすると、再生中の曲のサンプルレートが表示されます。
インジケーター・ライト・コントロール
システム設定-ディスプレイ-インジケーター・ライト・コントロールで、ノブとストリップのインジケーターの明るさ、動作スタイル、ライトの色を設定できます。

明るさ: 音量に基づく/温度に基づく/ユーザー定義
動作状態: 常時点灯/点滅/消灯
光色:オーディオ・フォーマットに基づく/固定色(赤/青/シアン/紫/黄/白/緑/オレンジ/虹)/繰り返し点灯
注意事項
ライトカラーが “Rainbow “に設定されている場合、パルシング効果はありません。
ライトの動作スタイルを “Rhythm “に設定した場合、インジケーター・ライトは、オーディオ再生中はオーディオのリズムに追従し、非再生時はランダムに動きます。
ライトの色を “Repeated pulsing “に設定した場合、レインボー効果は使用できません。

スクリーンタイムアウト
非アクティブ時にスリープモードに入る時間を設定します。デバイスは 10 分間スリープした後、低消費電力モードに入ります。電源/ロックスクリーンボタンを短く押すとスリープが解除されます。

スクリーンセーバー
パーソナライズスクリーンセーバーまたはシステムスクリーンセーバーを選択します。
スクリーンセーバー時間
設定した一定時間の間にR9を操作しないと、スクリーンセーバーページに入ります。

USB Audioドライバーソフトウェア

FIIO USB Audio Driver v5.58 (Windows 10, Windows11)

  • ZIPファイルを解凍後にexeファイルをダブルクリックし、表示される画面に従いインストールを行なってください。
  • メーカーの方針により、ドライバーのダウンロードに外部のオンラインストレージを使用しております。ご了承ください。

※ご利用にあたっては FAQ を合わせてご参照ください。

サードパーティーアプリケーション

FAQをご確認ください。