コンピューターのUSBDACとして使用したときにノイズが発生する場合

機器の故障ではなく,ほとんどが伝送系のトラブルです。次に挙げる内容をご確認ください。

  • 使用するUSBケーブルを吟味ください。有名メーカーのものを使用するか,基本的には製品付属のUSBケーブルがあるならば,それで動作確認をお願いいたします。
  • USBケーブルには規格で決められた長さ上限があることと,長くなるほどに伝送条件が厳しくなる傾向があります。可能な限り短尺のケーブルを使用してください。
  • 各種変換アダプタなどを介すると物理接点が増え,トラブルの原因となりますので,可能な限り使用せずシンプルな接続状態としてください。
  • コンピューター側のUSBポートの場所を変更してください。コンピューターに装備されているUSBポートは,全てが同様の仕様を満たすとは限らないので,接続する場所によって挙動が変化する場合があるためです。