FiiO製Bluetoothアンプ「BTR3K」ファームウェアアップデートのご案内

平素より弊社取り扱い製品をご愛用くださり誠にありがとうございます。この度、 FiiO Electronics製Bluetoothアンプ「BTR3K」につきまして、さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたします。

ファームウェアのアップデートにあたってのご案内

  • 過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです
  • 最新のファームウェア等のダウンロードは、製品のサポートページからご利用いただけます
  • ファームウェアアップデートの方法として、オフライン経由でのアップデートをご用意しています。詳細はサポートページをご覧ください

BTR3K用ファームウェア「FW1.2」

【製品サポートページ】 https://www.fiio.jp/support/btr3k/

※ 更新内容は各製品共通です。

  1. Bluetoothデバイスの名前を変更する機能を追加しました(FiiO Controlアプリ→設定メニュー→カスタムデバイス名)。同様の機能は後にFiiO Music Appでも利用できるようになる予定です
  2. サウンドプロンプトを変更し、電源オンと電源オフを区別するようにしました
  3. HFPを介してコンピュータ/アダプタと接続した際に再生状態にならず、待機状態になった後に音声出力ができなくなる不具合を修正しました。
  4. 通話中に別の通話があった場合、通話中に声が聞こえなくなることがある不具合を修正しました
  5. USB DACモードで特定の操作を行うとEQが無効になることがある不具合を修正しました
  6. 車載モードでUSB機器と接続した場合に、しばらく電源を切った後に自動で電源が入らなくなることがある不具合を修正しました
  7. 充電中に消灯に設定してもインジケーターランプが点灯したままになっていた不具合を修正しました
  8. BTR3KをUSB DACとして接続した場合に、特定のデバイスが過剰な消費電力を警告することがある不具合を修正しました
  9. ペアリングレコードがクリアされていてBluetoothが接続されていない状態でUSB DACに接続した場合に、3分後に自動的に電源が切れてしまう不具合を修正しました
  10. USB DACのステータス表示を改善しました
  11. USBポートを介した接続を外して再接続した後のアイドル待機時間のカウントを改善しました
  12. 電源のオン/オフ、曲の切り替え、電話の着信拒否などの応答速度を改善しました
  13. その他のボリュームの問題を修正しました

注意:ファームウェアを最新のものにアップグレードすると、旧ファームウェアに戻すことができなくなります

今後とも、弊社取り扱い製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。