よくあるご質問と回答

K7 BT - FAQ

音が出ない、ノイズが入る、起動できない、インジケーターランプが消灯する、など

以下の方法を試していただくと、問題が解決することがあります:

  1. K7 BTを再起動する
  2. 電源コードの再接続

COAXとOPTの2つのインジケーターランプが点灯している場合、出力ポートが短絡保護されていることが考えられます。他の出力ポートを交換して確認してください。

K7 BTに接続するために4.4-3.5アダプターケーブルを使用しないでください。

K7 BTには過負荷、過温度、過電流の保護メカニズムがあります。

保護が発動した後、元に戻すには電源を切る必要があります。ノブから電源を切ってから入れるか、直接電源プラグを抜いて復旧させることができます。

K7 BTの信号入力について

K7 BTはUSB入力、光ファイバー入力、同軸入力、ライン入力、Bluetoothレシーバー、計5種類の入力方式に対応しており、フロントパネルのINPUTボタンをクリックすることで入力の切り替えができます

K7 BTの出力

K7 BTは、シングルエンドライン出力、6.35mmシングルエンドヘッドフォン出力、4.4バランスヘッドフォン出力に対応しています。

出力モードはLO、PRE、POがあります。

LO:リアパネルのライン出力、音量は調整不可

PRE:リアパネルのライン出力: リアパネルのライン出力、音量調整可能

PO:フロントパネルのヘッドホン出力、音量調整可能

ヘッドホン使用時に、どのゲインを使用すればよいですか?

K7 BTは2段階のゲインをサポートしており、トグルスイッチでそれぞれL/Hを調整し、対応するゲインは0dB/6dBになります。

ゲイン調整は、お使いのイヤホンに応じて決定する必要があります。音量は9時~3時の間に設定し、聴力に応じて自分に合ったゲインを選ぶことができます。

(LO出力時はゲインは無効です)

Windowsの場合

  1. FiiO DACユニバーサルドライバをパソコンにインストールする。
  2. K7 BTの入力設定を行う: K7 BTの[INPUT]スイッチをUSBにする。
  3. K7 BT出力設定:使用するインターフェースに応じて対応する出力ポートに切り替え、フロントパネルのヘッドホン出力を[PO]に切り替え、またはリアパネルのライン出力を[PRE]または[LO]に切り替える。
  4. コンピュータとK7 BTをUSBデータケーブルで接続し、コンピューターシステムのオーディオ出力と再生ソフトのオーディオ出力をK7 BTに設定し、使用します。

Macの場合

  1. Macはドライバーのインストールは不要で、接続後にサウンド出力デバイスをK7 BTに変更するだけです。
  2. システムボリュームを最大に調整し、K7 BTのボリュームで音量を調整することをお勧めします。

お知らせ

  1. K7 BTをMacに接続した場合、DSD128までのDSDトラックを再生することができます。これはOSXではDoPがDSD128にしか対応できないためです(MACではDSD256は768Kでパッケージングする必要があり、K7 BTは384kHzまで対応)。
  2. 理論的には、OSXがK7 BTに接続してNativeでDSD256を再生することは可能ですが、対応する再生ソフトはMFiを通過し、Audirvana Plus、Amara SymphonyなどのNative出力に対応する必要があります。

Linuxの場合

Linuxシステムはドライバーフリーです。理論的には、直接接続して使用することができます。ただし、バージョン数が多いため、すべてのシステムに対応できることを保証するものではありません。接続する場合は、別のデータケーブルやUSBポートで確認することをお勧めします。

XMOS: USBアップグレードをサポート、コンピュータのUSBポートからアップグレード、新しいファームウェアは後で更新されます。

BT: FiiO Control APP経由でのアップグレードをサポートします。

K7 BTをAndroidスマートフォン、プレーヤー、iPhoneに接続するには、Type-C、Lightning to Square Port OTGケーブル(FiiO LD-TC1、LD-LT1など)を追加購入し、接続する必要があります。

  1. K7 BTの電源が入った後、OTGケーブルを使って携帯電話に接続する
  2. K7 BTの入力設定を行います: K7 BTの[INPUT]スイッチをUSBにする
  3. K7 BT出力設定:使用するインターフェースに応じて対応する出力ポートに切り替え、フロントパネルのヘッドホンまたはスピーカー出力をPOに切り替え、スマートフォンの音声信号をデコードします

Androidスマートフォンの場合

購入したOTGケーブルでAndroidスマートフォンとK7 BTを接続すると、スマートフォンで楽曲を再生できるようになります。K7 BTでデコードされた後、ヘッドホン端子から出力され、高音質な音楽を楽しむことができます。

【注意】接続しても音が出ない場合は、以下の点に注意する必要があります。

  1. スマートフォン再生アプリの設定。USB出力をオンにする必要がある場合、USB出力をオフにしないと音が出ない機器もあります。
  2. スマートフォンの開発者モードがUSBデバッグを有効にしていることを確認すること。
    携帯電話は、USBデバッグを開き、「開発者向けオプション」を開き、「USBデバッグ」または「OTG」機能を開く必要があります。
  1. 転送ケーブルがOTG機能をサポートしているか、ケーブルの方向が逆になっていないか確認します。
  2. 現在、様々なブランドのスマートフォンのUSBオーディオは標準化されていないため、FiiOは完全な互換性を保証するものではありません。上記の接続方法に従って、それがサポートされていない場合、それはいくつかのデバイスのハードウェアが悪いかどうかを除外するために、他のスマートフォンを試すか、コンピューターのDACに接続することをお勧めします。

iPhone/iPadの場合

OTG機能付きLightning to squareデータケーブル(FiiO LD-LT1など)を購入する必要があります。K7 BTとiPhone/iPad/iPodを接続し、曲を再生して高音質な音楽をお楽しみください。

注意事項

  1. iOS10.0.2以上のシステムを搭載したApple製端末のみ対応しています。それ以下のバージョンのものは、Apple社のシステム自体の都合上、対応できません。
  2. iOS端末でデコードしている場合、iOS端末の音量調整は無効で、K7 BTで調整する必要があります

K7 BTの入力設定: K7 BTをオンにした後、[INPUT]を短く押してBTモードに切り替えます。

スマートフォンの設定-Bluetoothで、新しいデバイス[FiiO K7 BT]を見つけ、接続する。

K7 BT出力設定:使用するインターフェースに応じて対応する出力ポートに切り替え、フロントパネルのヘッドフォンをPOに切り替え、またはリアパネルのライン出力をPREまたはLOに切り替えます。

【ご注意】

K7 BTのRGBインジケーターは、Bluetoothのエンコーディングフォーマットを示すことができず、またAPPは現在のエンコーディングフォーマットを表示することができません。送信機でどのBluetoothエンコード形式が使用されているか確認することができます。

K7 BTは同時に2台のBluetooth機器に接続することができます。入力機器を切り替える場合は、K7 BTで切り替えるのではなく、接続した機器のうち1台を一時停止し、もう1台で再生する必要があります。

同時に2台のBluetooth機器と接続する方法について

K7 BTを機器1のBluetoothに接続した後、機器1のBluetoothをオフにして、機器2のBluetooth設定インターフェースでK7 BTを検索して接続します。

再度、機器1のBluetoothをONにします。機器1のBluetooth設定インターフェースで、ペアリングしたK7 BTをクリックし、再接続します。機器2とのペアリング成功後にK7 BTを再起動することで、K7 BTを2台のBluetooth機器と同時に接続することも可能です。

入力デバイスの切り替え方法について

入力デバイスを切り替える場合は、K7 BTで切り替えるのではなく、接続されている一方のデバイスを一時停止し、もう一方のデバイスで再生する必要があります。

同軸モードは192kHzまでの対応で、DSDのデコードには対応していません。

最新のFiiO ControlをスマートフォンのAPPストアからダウンロードしてください。

スマートフォンとK7 BTをBluetoothでペアリングした後、FiiO ControlでK7 BTのBluetooth関連機能を設定することができます。

注意事項

  • FiiO Control APPでK7 BTのRGBインジケータライトのON/OFFができないのはなぜですか?
    K7 BTのインジケータライトはXMOSによって制御されており、XMOSはBluetoothモジュールと通信して対応する設定パラメータを取得できないため、APPから制御することができません。
  • その他、XMOSやワンチップマイコンの協力が必要な機能などは行えません: APPの表示サンプリングレート、表示作業モード、作業モードの切り替え、チャンネルバランス、フィルター、RGB表示制御、BluetoothコードによるRGB表示色、UAC1.0機能等も設定できません。このような機能が必要な場合は、K9以上のデスクトップ用デコード製品の購入をご検討ください。
  • K7 BTのFiiO Controlは、Bluetooth関連の機能しか設定できず、他のモードでは無効となります。他のモードに切り替えると、Bluetooth接続が解除されます。K7 BTがBTモードに設定されているときのみ、APPに接続することができます。

起動後、K7 BTの前面パネルのINPUTを対応する入力に切り替えてください: OPT(光ファイバー)、COAX(同軸)の、対応する光ファイバー/同軸入力ラインに接続します。

K7 BTのフロントパネルのOUTPUTを対応する出力に切り替える:使用するインターフェースに応じて対応する出力ポートに切り替えます。フロントパネルのヘッドホン出力を[PO]に切り替え、またはリアパネルのライン出力を[PRE]、[LO]に切り替え、対応する出力ヘッドホンまたはスピーカーに接続します。

音量は小さいところから徐々に大きくなり、フロントパネルのGAIN(ゲイン)は聴感で選択します。

フロントエンドの再生ソフトからクリックして再生すると、ロスレスで音楽が楽しめます。

  1. 起動後、K7 BTのフロントパネルのINPUTをLINEに切り替える。
  2. K7 BTのフロントパネルのOUTPUTをPOに切り替え、POまたはBALANCEDのいずれかの出力ポートにイヤホンを接続する。
  3. 音量は小さいところから徐々に大きくなり、フロントパネルのGAIN(ゲイン)を聴感で選択する。
  4. フロントエンドの再生ソフトからクリックして再生すると、ロスレスで音楽が楽しめます。

USBは最大384kHz/32bit、DSD256までデコード可能。

同軸は192kHz/24bitまで対応、DSD64は非対応

光ファイバーは96kHz/24bitまで対応

K7 BT Bluetooth受信コードは、AAC/SBC/APTX/APTX-LL/APTX-HD/LDAC/Atpx-Adaptiveに対応。

(Atpx-AdaptiveはAPPのデフォルトではチェックされず無効になっており、FiiO Control APPからオンにする必要があります)

USBモードのサンプリングレートが384K/DSD256までしか対応していないのはなぜですか?

デバッグ中に、サンプリングレートが768kを超えるDSD512や楽曲をデコードする際に、ノイズが発生することがわかりました。この問題を解決するために何度も試行錯誤しましたが、完全に解決することはできませんでした。当社の品質管理上、またDSD512、768kを超えるサンプリングレートの楽曲が市場にあまり出回っていないこともあり、最終的にDSD512、768kを超えるサンプリングレートをサポートしないこととしました。

コンピュータのフロントパネルにある一部のUSBポートでは、安定した電力供給ができない場合があります。バックパネルのUSBポートをお試しいただくか、他のUSBケーブルをご使用ください。

ボリュームノブがOFFと9時位置の間にある場合、K7 BTは出力されません。これはアナログポテンショメーターの正常な機能で、初期部分と最終部分に一定のスペースがあり、誤差に対応するために確保されている設計になっているからです。

RGBインジケーターについて(ボリュームノブ周りのインジケーター)

  1. 電源オン後、インジケーターランプは青色で、入力がないときは常に点灯、電源オフ後、インジケーターランプは消灯します。
  2. デジタル入力状態(UAC/OPT/COAX)で動作する場合、インジケータライトはサンプルによって異なる色を表示します:
    48k以下は青色、48k以上は黄色、DSDは緑色。信号が入力されていない場合、デフォルトは青色となります。
  1. アンプ(Line in)およびBluetooth受信(BT)モードでは、インジケーターライトは青色で常に点灯しています。
  2. システムが異常(出力DC、過熱、過負荷など)を検出した場合、インジケーターランプは消灯します。

K7 BTでは、高い出力性能を持つために、THX AAA 788+モジュールを採用しています。このモジュールは出力性能と音響効果に優れていますが、高発熱という問題があります。また、K7 BTは気密性の高い筐体を採用しているため、放熱に時間がかかります。長時間使用すると、表面が少し暖かく感じられると思いますが、これは正常な現象です。

私たちは実験室で、通常の使用条件下では、温度は一定時間後に平衡に達し、上昇し続けることはないことをテストしました。さらに、製品内部に温度検出回路を搭載しました。製品の内部温度が設定値を超えると、自動的に保護されるので、製品が破損したり、明らかに熱くなったりする心配がなく、安心してお使いいただけます。

問題が発生したときに、4.4mmポートに接続して使用していますか?

お使いのヘッドホンのアダプター/ケーブルの規格が、K7 BTの4.4mmポートと同じかどうか、ご確認ください。お使いのヘッドホンはバランス型ですか、それともアンバランス型ですか?

バランス出力端子には4つの出力端子があります: L+、L-、R+、R-。(「L」=「左チャンネル」「R」=「右チャンネル」「+」=「プラス」「-」=「マイナス」)しかし、3.5mm標準出力ポートには3つのピンがあるだけです: L、R、GNDの3ピンしかありません。したがって、3.5mmアンバランス出力プラグは、実際には2.5/4.4mmバランス出力プラグに変換することができません。この場合、プラスとマイナスの端子が接触してショートするため、アンバランスプラグをバランスジャックに接続すると、機器にダメージを与える可能性があります。3.5mmアンバランス出力プラグから2.5/4.4mmバランス出力プラグへのアダプターの場合、K7 BTの4.4mmバランスポートには適しません。そのアダプターを使用する場合、K7 BTのオーバーロード保護は、K7 BTの損傷を防ぐために、音量が大きくなったときに作動します。

本稿はFIIO製Android OS搭載デジタルオーディオプレーヤー、またはAndroid OS搭載スマートフォンでFIIO製USBDACを使用するシチュエーションにおいて、Apple Musicサービスを利用する際についてよくある質問と回答を記載致します。

各種ストリーミングサービスおよびそのクライアントアプリケーションについては仕様詳細が公開されていないため、あくまで結果から推察された内容と、FIIO製品の仕様が一部含まれますことをご留意下さいますようお願い申し上げます。

USBオーディオ出力が使用できない場合がある

AndroidデバイスでUSBDACを使用する場合、各アプリケーション自体にUSB Audio Class 2.0準拠のドライバーソフトウェアが内包されてない場合には利用できない場合があります。3.6.0(1118)の時点ではApple Musicアプリ自体にUSBDACドライバーソフトウェアが内包されていないので、Apple Musicはスマートフォンに接続されたUSBDACを認識することが出来ず使用できないことがあります。

ロスレスやハイレゾロスレスで再生出来ないことがある

FIIO製プレーヤーではApple Musicアプリのバージョンが 3.6.0 (1118) 以降であるときに動作することを確認しています。Google Playからアプリを最新の状態とするようにお願い申し上げます。それより以前のアプリバージョンではロスレスやハイレゾロスレス再生に対応しておりません。Apple Musicでロスレスやハイレゾロスレスを再生するには、Apple Musicサービスにおける契約内容だけではなくApple Musicアプリが対応するバージョンであることが必要です。

また、FIIO製品をUSBDACとしてスマートフォンに繋いで使用したときに出力されるサンプリング周波数などが、スマートフォン側の機能実装に左右されます。一部のカスタマイズされたAndroid OSを搭載したスマートフォンでは、楽曲毎にサンプリング周波数追従が可能なこともあるようですが、例外的であり、一般的にはハイレゾで出力されなかったり特定の周波数固定で出力されるケースが多く、ユーザーの意図した出力とはならないことが多いということに留意をお願い致します。

連続再生していると再生は続いているが無音になることがある

Apple Musicアプリ内の [設定] – [オーディオ] – [クロスフェード] を「オフ」にして下さい。初期値は「自動」になっていますが、このクロスフェード調整ロジックが正しく働かないことが原因と思われる症状になります。

USB Audioドライバーソフトウェア

FIIO USB Audio Driver v5.58 (Windows 10, Windows11)

  • ZIPファイル解凍後にexeファイルをダブルクリックし、表示される画面に従いインストールを行なってください。
  • メーカーの方針により、ドライバーのダウンロードに外部のオンラインストレージを使用しております。ご了承ください。