よくあるご質問と回答

K3 - FAQ

ご利用の2.5mmリケーブルのプラグ長をご確認下さい。

現在のFiiO製品において,2.5mmジャックを装備しているものは,11.5mm長のものに対応しております。中国の電気産業界標準である[SJ/T 10495-94 Concentric plug and jack model CS(CK)25,CS(CK)35]に基づいています。リケーブルを使用される場合,この規格に則ったヘッドフォンプラグの使用を推奨いたします。

※X7 Mark IIではその注意事項を示す紙と,製品本体のアンプ部にそのことを示すシールが貼ってあります。

一部のサードパーティ製2.5mmリケーブルのプラグ長は,ある事情から11.5mmよりもわざと長く作られているものが存在するのですが,それらのリケーブルプラグを挿入すると接触不良となる場合があります。そのため基本的には正しいプラグ長のリケーブルを使用して頂く必要がありますが,X7 Mark IIにおいては,その長さを埋めるスペーサーとしてゴムワッシャを付属(トルクスドライバーが収められている箱の中に,予備のトルクスネジとともに同封)していますので,それをご利用いただくことも出来ます。

K3はRGBインジケーターを装備しています。USBの電源プラグを差し込み,電源スイッチを入れると点灯します。再生していない状態では赤または黄色が表示されます。

サンプリングレート表示に伴う色は,実際に再生(入力)が行われた状態でのみ表示されます。

  1. 青:≦48kHzのサンプリングレート(< 44.1kHzのサンプリングレートはサポートしていません)
  2. 黄:> 48kHzのサンプリングレート
  3. 緑:DSDフォーマット

USBケーブルを挿した状態で電源をオンにしたり,またはUSBケーブルをプラグインすると,K3は一度セルフテストを行うため,LEDの色が変わります。
そのほかのステータス表示については,こちらを参照してください。

動作保証されず,現状有姿となります。外部電源から電力を供給するなどのシステム構成にしなければ多くの場合で動作いたしません。K3は,デスクトップコンピュータまたはラップトップ用に設計されたUSB電源およびデータコンボインターフェイスです。モバイル機器での使用を前提とした利用はお勧めいたしません。モバイル用途においては、Q1 Mark IIQ5sといった製品をお勧めいたします。

以下は,WindowsコンピュータにインストールされたFoobar2000(v1.3.8)の例です。

前提条件:

a. K3付属品のUSBケーブルでK3をコンピュータに接続します。コンピュータのデフォルトの出力デバイスとして「FiiO Q Series」を選択します(コントロールパネル – > ハードウェアとサウンド – > サウンド)

b. 最新のUSB DACドライバ(v4.47.0)がWindowsコンピュータにインストール済みである必要があります。

USB DACドライバのインストール方法はコチラを参照してください。 

手順:

1.foobar2000インストールパックをダウンロードしてください:こちらをクリックして,Windowsコンピュータにインストールしてください。

注:foobar2000は,プラグインバージョンによる依存関係が非常に激しいため,それらを考慮してパッケージ化した上記のインストールパックを使用することを強くお勧めします。ユーザーが独自に各コンポーネントを各所からダウンロードするなどして導入した場合,本稿記載の手順では期待した動作とならない場合があります。

2.foobar2000インストール・パックにはいくつかのアプリケーション・プラグインがあり,最初にインストールする必要があります。

①ASIOProxyInstall-0.7.3.exe
②foo_out_asio
③foo_input_sacd
④foo_input_dsdiff

3-1. ファイルASIOProxyInstall-0.7.3.exeをダブルクリックし、インストールを承認します。 「次へ」ボタンをクリックし,「インストール」ボタンをクリックしてASIO Proxy for Foobar2000をインストールしてください。

3-2。 foo_out_asioファイルをダブルクリックしてcomponent ASIO supportをインストールします。

Yesボタンをクリックして続行し,Preference: Componentsの「OK」ボタンをクリックし、foobar2000 Preferenceの「OK」ボタンをクリックし,変更を適用します。同じ手順で,foo_input_sacdプラグインとfoo_input_dsdiffプラグインのインストールを続行します。インストールが完了すると,これらのプラグインは次のように表示されます。

4.現在,DSDファイルはfoobar2000で再生できます。 DTSなどの特殊な形式のファイルを再生する場合は,引き続き他のプラグインをインストールします。

5-1. デバイスの選択: “ASIO:foo_dsd_asio” (Files -> Preference -> Playback-> Output)

5-2.出力(File -> Preference)からASIOをクリックし,次に “foo_dsd_asio”をダブルクリックします。 以下の図に従って,ASIOプロキシ0.7.3のポップアップウィンドウを変更してください。

5-3.出力モードを変更する:DSD(Tools→SACD)

6.以上の設定が終了すると,DSD再生時,foobarは以下のように再生状態を表示します。

K3のDSDインジケータ(緑)が表示され,K3でDSD形式の音楽を楽しむことができます。

K3を柔軟に使用出来るよう,2つのモードを搭載しました。

USB AUDIO 1.0では,ほとんどのケースでコンピューターにドライバをインストールする必要はありません。K3とコンピュータを接続すると使用可能となります。最大96k / 24ビットまでサポートできます。

USB AUDIO 2.0では,Windowsでの利用においてはFiiO公式ドライバをインストールする必要があります。詳細についてはこちらをクリックしてください。このモードでは384k / 32bitとDSD256までサポートできます。現行のWindows 10にはOS標準のUSB AUDIO Class 2.0ドライバが内包されているため,FiiO公式ドライバのインストールを行わなくても動作する場合がありますが,OS標準ドライバを用いるとDSD再生に問題が生じますので,必ずFiiO公式ドライバをインストールしてからご利用下さい。

macOSではドライバーは必要ありません。ただしOSの仕様としてDSD再生ではDoPのみ利用可能であることに起因し,DSD128(5.6MHz)までの対応となります。

2つのモードを切り替えた後,USBオーディオモードの変更を反映させるには,USBケーブルを抜き差しするか,K3の電源をオン/オフする必要があります。

K3の同軸デジタル出力および光デジタル出力は,ヘッドフォンやラインアウトポートと同時に出力することができ,音量調整の対象にはなりません(ヘッドフォンとラインアウトポートはボリュームに連動します)。同軸デジタル出力では最大192k / 24ビットおよびDSD64 DOP出力をサポートできますが,光デジタル出力は最大96k / 24ビットをサポートできます。

例えばWindows環境だと,プレーヤーソフトウェア側の出力デバイスが “KS”または “ASIO”に設定されている場合には,原則としてK3の同軸および光デジタル出力からは再生するソースのサンプリングレートそのものが出力されます。ただし,S/PDIF入力を備えたほとんどのアクティブスピーカーは,48kHzのサンプリングレートしかサポートしていないため,ハイレゾリューションフォーマットなどの信号が受けられず,音が出ません。

このような使用環境では,コンピュータのプレーヤーソフトウェア側で出力デバイスを “DS”または “wave out”に設定することをお勧めします。このようにすることでWASAPIを使用する状態となり,OSのサウンドミキサーを介するようになるので,タスクバーのスピーカーアイコンなどからFiiO Q seriesのプロパティを開き,「規定の形式」を48000 Hzにすることで,アクティブスピーカーが対応しない信号が出力されないように出来ます。

可能です。K3のラインアウトはボリュームと連動しています。K3のラインアウトを使用するときは,ラインアウトとヘッドフォンの両方の出力が同時に機能するため,特にプリアンプや別のヘッドホンアンプなどへ入力するときには,ヘッドフォンをK3から取り外すことを強くお勧めします。ラインアウト使用時にK3のボリュームを絞ると原理的に音質低下に繋がるため,ボリューム最大とすることが最適ですが,そうするとヘッドホンアウトも大音量となりヘッドフォンが損傷する可能性があります。

K3には音量つまみでもある電源スイッチがあります。K3を使用していないときは,ノブを回してK3をオフにするだけかまいません。Type-C USBケーブルを取り外す必要はありません。

K3のバランス出力は,3.5mmシングルエンド(SE)ヘッドフォン出力よりも優先度が高いため,K3が2.5mm バランスヘッドフォンと3.5mm (SE)ヘッドフォンの両方に接続されている場合,バランス出力ポートのみがサウンドを出力します。

基本的には使用できないとお考え下さい。特にPlaystation 4などでは,原則として公式認定されたサードパーティの特定機器しか動作しないため,繋いでも使用することができません。

Load More

USB Audioドライバーソフトウェア

FiiO generic USB DAC driver v4.47.0

※ご利用にあたってはFAQを合わせてご参照ください。